NHK LGBTカミングアウト特集 3月22日(火)18:10 - 19:00 新規映像追加&再編集版が放送です!

心理カウンセリング
03 /20 2016
2月17日(水)に、NHK首都圏ネットワークで放送された、
LGBTのカミングアウト特集が、好評につき、
新規映像を追加した再編集版として放送されます。
 
今回は、前回の放送内容の再編集に加え、
カミングアウトを受けた2人の親御さんの心情が追加されています。
 
撮影をご一緒しながら、
僕自身、母にカミングアウトをした時のことを思い出しました。
当時17歳だった高校3年生の冬、
自分が何を言っているのか分からない、頭が混乱している中で、
何度も「ごめんなさい」を繰り返していたのを、今でも覚えています。
 
それから母とは数年の間、僕がゲイであることで衝突を繰り返したけれど、
今では、パートナーと僕と母との3人で、旅行に行くようになりました。
 
パートナーと楽しそうに笑う母の笑顔を眺めながら、
あのとき母は何を感じ、その後、どんな気持ちでいたのだろう、
そんなことを、ずっと思っていました。
未来の見えない暗い毎日のなかで僕が苦しかったように、
きっと、母も苦しかったのだろうなと、思いながら。
 
私と母とのカミングアウトにまつわるエピソードは、
4月16日(土)に渋谷で開催する、
レインボーコミュニケーションパーティのトークイベントや、
5月から開始する、P・M・Rカウンセラートレーニングの中で、
ケースのひとつとしてお伝えしたいと思っています。
 
今回の撮影の中で、
カミングアウトを受けた母親としての気持ちを、
素直に言葉にしてくださったお2人の方に、
ゲイの心理カウンセラーとして心からの感謝をお伝えすると共に、
ひとりの当事者として、心からの敬意を感じます。
 
「 カミングアウトを受けた母親の気持ち。 」
 
是非、多くのかたに聴いて頂けることを、
心から願っています。
 
そして、多くの方と、様々な言葉を交すことができたら幸いです。
 
ーーー【 今回3月22日(火)の放送内容 】ーーーーーーーーーーーーー
  
LGBTが社会的に認知される中で、カミングアウトに悩む人々も増えている。
高校の教科書にもLGBTという言葉が使われ始めるなか、
LGBTのカミングアウトを支援するカウンセリングに注目が集まっている。
 
カミングアウトに悩む、あるゲイの男性。
カウンセリングの中で心と向かいあい、彼が出した結論とは。
 
そして、ゲイの息子、レズビアンの娘、それぞれを子どもにもつ母親達の思い。
カミングアウトを受けた母親の心境を、2人の母親が語る。
 
 
・日時:2016年3月22日(火)18:10 - 19:00(番組内にて)
 
・放送局:首都圏ネットワーク
 
・URL:http://www.nhk.or.jp/shutoken/net/
 
 
ーーー【 前回放送内容 】ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
【 おはよう日本 2月17日放送 “カミングアウト” の悩み どう支える ~東京 中野~ 】
  
去年(2015年)11月、東京・渋谷区が、
全国で初めて同性のカップルを『結婚に相当する関係』と認める証明書を発行しました。
 
自分の性別に違和感があったり、
同性を好きになったりするという『性的マイノリティー』の人たち。
 
社会で認知され始めた一方で、
『カミングアウト』(本当の自分を周囲に告白)することができずに
悩む人も多くいます。
 
そうした人たちを支え続けているカウンセラーがいます。
 
 
●おはよう日本 関東甲信越
“カミングアウト” の悩み どう支える ~東京 中野~
http://www.nhk.or.jp/shutoken/ohayo/report/20160217.html
(※2月17日の放送内容が、画像付きでご紹介されています。)
 
 
***********************************
カウンセリングルームP・M・R
~マイノリティ当事者と周辺家族へ、安心できる心の支援を届ける~
 
Tel : 03-6454-0918
Mail : info@pmr-co.com
WEBサイト : http://www.pmr-co.com/
Blog : http://paintingmyroad.blog14.fc2.com/
Address : 〒165-0026 東京都中野区新井3-17-7
Facebook : https://www.facebook.com/crpmr/
***********************************

コメント

非公開コメント

村上 裕

【 ごあいさつ 】

はじめまして。
2007年に創業した、カウンセリングルームP・M・R代表の、ゲイの心理カウンセラー村上裕と申します。

性自認は男性。
セクシャリティはゲイ(男性同性愛者)です。

ゲイの心理カウンセラーではありますが、セクシャリティの枠にとらわれず、いろんな方からのご相談をお賜りしています。
ゲイの方から心理カウンセリングのご依頼を頂くことが多いのは事実ですが、
レズビアンの方、
トランスジェンダーの方、
クエスチョニングの方、
ゲイのご家族(妻、親御様、兄弟姉妹)の方、
ゲイに全く関わりのない方、
からのご相談も頂いています。

皆様、ありがとうございます。


もしも、カウンセリングやカウンセリングルームP・M・Rの活動にご関心を持って頂けたなら カウンセリングルームP・M・R とインターネット検索をして頂くか、下記URLをご参照下さい。
 
●カウンセリングルームP・M・R
http://www.pmr-co.com/


今日もまた、心理カウンセリングを求める方から、カウンセリングルームでご相談を聴かせて頂いています。
どうぞ、お気軽においでくださいね。


ひとを傷つけ、時に死に至らしめるような残酷さと、
苦しみの底に居る人の、生きる支えになるような暖かさ。

その両方を持っているのが人間だと思います。
そして、そんな人間といういきものが、私は本当に大好きです。


※これをご覧くださった誰かがお声をかけてくださらなくても、私のブログやWEBサイトが、生きることが楽しくなるような、充実した時間を過ごせるような、そんなきっかけになることを目指しています。


※このブログはリンクフリーなので、ご申告は不要です。
気にいってくださったら、ご自由にリンクをお願いします。
著作権の放棄はしませんので、文章を転用する際は、お声がけください。