「ゲイの心理カウンセラー」と、いうこと。

日記
04 /26 2015
社会がとても凄いスピードで変わっていくなかで、
ある友人と会話していた時、
彼が言ったこと。


「あのさァ、アタシはカウンセラーじゃないし、
心理のこととかはよく分からないから、
ただの個人的な意見として一方的に言うけど、


世の中が必要としているのに、
あなたと同様の人が現れないというのなら、
あなたしかできないことを、
あなたがしていないからじゃないの?


もしあなたの職業に価値があり、
その職業を欲しいと思う人が居るのに広まらないのであれば、
あなた自身が、
あなたの職業が広まるために必要なものを独占しているからだよ。


あなたと同等の人が現れないことで、
あなたが孤独であることは、
あなたのせいではないけれど、
志を同じくする仲間が居ないのなら、
それは、あなたの責任だとは思うわ。


あなたが自分と同様の人が現れるのを何年待つのも、
あなたの自由だけれど、
あなたが自ら仲間を得ようとするのなら、
あなたはいい加減、被害者であることをやめるべきだし、
仮に、あなたが創り出したものがあるというのなら、
創ったものを価値あるものとして現し、
共有していく責任を持ち、
先陣に立つ人間として、
伝えていくべきことがあるんじゃないのかしら?


他の誰もやっていないことをあなたが行おうとするなら、
あなたが自分でどうにかしていくしかないのだし、
あなたの姿を見て自分もそうなりたいという人は、
あなたが何者として、何を成しているかを見てるのよ。
そして、なぜあなたがそれをしたいのか、とか、
どんな道程を経て、あなたが今のあなたになったのかを、
知りたいんだと思うわ。


モデルにできる誰かが居なかったり、
モデルになる既存のものがなかったりして、
自分でどうにかするしかないしんどさや孤独を、
あなたが知っているのなら、
あなたは、同じような気持ちを誰かに味合わせてはいけないと思うし、
あなたがモデルになる勇気と、覚悟を持てばいいんじゃないのかしら。


でも、もしそうしたくないのなら、簡単よ。

捨てちゃえばいい。
全部なげだして、
欲しがってる誰かに、まるごと譲り渡せばいい。

あなたがどんな気持ちで始めたかとか、
何を願って創ったかとか、
そういうものをよく知らない誰かに、あげちゃえば?

そうしたら、
少なくともあなたより優秀であろうその誰かが、
あなたの代わりにどうにかしてくれるんだろうし、
あなたは、その誰かが成功したら、
その人の真似をすれば楽なんだと思うわ。


あなたが始めたことなんだから、好きにすればいいじゃない?


仮にあなたが死んでも、骨くらいは拾ってあげるから。
墓前に線香たてて、大声で泣いてあげるわよ。

だから、

       」


最後の言葉に、なんだかとても泣けてきて、
寂しいような、悲しいような、
でも、嬉しいような、
そんな気持ちで、とても久しぶりに泣いた。


がんばろう。

生まれ持ったものが苦しくて、
自らを殺すことしか選べないような誰かが1人でも少なくなる、

誰もが、

望まずに生まれ持ったものがあるとして、
それを誇りと思えるような、
そんな社会にしていくために、


がんばろう。



ゲイの心理カウンセラー養成講座、第3期。
アイディアヒューマンサポートアカデミーの東京校と大阪校にて、
もうすぐ、5月か6月に始めます。

今回も、
全力で、
全身全霊で、
がんばります。

関連記事

村上 裕

http://www.pmr-co.com
https://www.facebook.com/yutaka.murakami.980


【 ごあいさつ 】

はじめまして。
東京都の中野区を中心に活動している、ゲイの心理カウンセラーです。
性自認は男性。
セクシャリティはゲイ(男性同性愛者)です。

ゲイの心理カウンセラーではありますが、セクシャリティの枠にとらわれず、いろんな方からのご相談をお賜りしています。
ゲイの方から心理カウンセリングのご依頼を頂くことが多いのは事実ですが、
レズビアンの方、
トランスジェンダーの方、
クエスチョニングの方、
ゲイのご家族(妻、親御様、兄弟姉妹)の方、
ゲイに全く関わりのない方、
からのご相談も頂いています。

皆様、ありがとうございます。

もしも私自身の詳細にご興味を持ってくださったら、下記 カテゴリ の 【 はじめに 】と【理念】 をご覧ください。


今日もまた、ゲイの心理カウンセリングを求める方から、カウンセリングルームでご相談を聴かせて頂いています。
どうぞ、お気軽においでくださいね。


ひとを傷つけ、時に死に至らしめるような残酷さと、
苦しみの底に居る人の、生きる支えになるような暖かさ。

その両方を持っているのが人間だと思います。
そして、そんな人間といういきものが、私は本当に大好きです。


※これをご覧くださった誰かがお声をかけてくださらなくても、私のブログやWEBサイトが、生きることが楽しくなるような、充実した時間を過ごせるような、そんなきっかけになることを目指しています。


※このブログはリンクフリーなので、ご申告は不要です。
気にいってくださったら、ご自由にリンクをお願いします。
著作権の放棄はしませんので、文章を転用する際は、お声がけください。