沖縄のLGBTIQの皆様に朗報! ご一緒に、沖縄で心の仕事をしませんか?

心理カウンセリング
01 /20 2015
僕の大好きな沖縄に住んでいる皆さんに、
大! 大!! 大朗報!!!

沖縄に、心理カウンセリングやメンタルトレーニングを、しっかりと学ぶことができる学校が設立されます。
僕が心から信頼する、アイディアヒューマンサポートアカデミーにて、沖縄校が開校します。

つきましては、3日間に渡り「講座・資格・お仕事」説明会を、浮世満理子代表(予定)にて開催します。
ご一緒に、沖縄で心の仕事をしませんか?

これまで沖縄で心理カウンセリングを学ぶためには、通信しかありませんでした。
通信学習は知識教育においてとても大きな学びの力を持っている反面、どうしても実践力(サービスとして提供するちから)が弱い傾向があり、心理カウンセラー・メンタルトレーナーになりたいというお声が沖縄で多くあるにもかかわらず、産業化してきませんでした。

一昨年から準備を重ね、沖縄でついに、プロの心理カウンセラー・メンタルトレーナーを養成する学校が開校されます。

雄大な自然の中、人の心を癒やす心理カウンセラー。
スポーツを初め、目標達成に大きな力を発揮するメンタルトレーナー。
そんな「心理の職業」が、沖縄でも実現する下地ができるのです。

沖縄は、東京都に次いでゲイの居住率が高い土地と言われています。
住みやすさ、心地よさ、人の良さから、沖縄以外から移住しておられるゲイも多いというのは、よく耳にするお話しです。

確かに、沖縄って、とても不思議な魅力を持った土地ですよね。
かく言う僕も、沖縄の海と空に心を救われたひとりです。
東日本大震災が起こったあの年、地元の福島が被災して色んな思いを心に抱えていた頃。
今帰仁城の芝生に座って、空と、風と、緑と、海を眺めていたその時、とめどなく溢れた涙。
そして、優しく背中をなでてくれた、沖縄の優しい友人達。
あのとき、心から泣くことができたから、今の自分が居ます。

沖縄の土地は、僕にとって、そんな大切な場所。
そんな大好きな沖縄で、心の学びと仕事が広がっていくことを、とても嬉しく思うと共に、ぜひ、心理に興味があるLGBTIQの仲間たちと、ご一緒していきたいと思っています。

詳細については下記です。

●日時:1月23日(金)18:00〜
    1月24日(土)18:00〜
    1月25日(日)13:00〜
●場所:ウェル・カルチャースクール 真地本校内
    沖縄県那覇市真地329-1
●アクセス:最寄りバス停は真和志高校前(無料駐車場完備)
●申込み:03-5766-4747にTEL、または、info@pmr-co.comまでメールにてご連絡ください。

5年後に2020年の東京オリンピックを控えた今、心理業界は成長産業のひとつです。
この機会に是非、足をお運びください!

沖縄の仲間達へ、
心からの感謝と願いを込めて。

沖縄アイディアコテージ  沖縄開校説明会
関連記事

村上 裕

【 ごあいさつ 】

はじめまして。
2007年に創業した、カウンセリングルームP・M・R代表の、ゲイの心理カウンセラー村上裕と申します。

性自認は男性。
セクシャリティはゲイ(男性同性愛者)です。

ゲイの心理カウンセラーではありますが、セクシャリティの枠にとらわれず、いろんな方からのご相談をお賜りしています。
ゲイの方から心理カウンセリングのご依頼を頂くことが多いのは事実ですが、
レズビアンの方、
トランスジェンダーの方、
クエスチョニングの方、
ゲイのご家族(妻、親御様、兄弟姉妹)の方、
ゲイに全く関わりのない方、
からのご相談も頂いています。

皆様、ありがとうございます。


もしも、カウンセリングやカウンセリングルームP・M・Rの活動にご関心を持って頂けたなら カウンセリングルームP・M・R とインターネット検索をして頂くか、下記URLをご参照下さい。
 
●カウンセリングルームP・M・R
http://www.pmr-co.com/


今日もまた、心理カウンセリングを求める方から、カウンセリングルームでご相談を聴かせて頂いています。
どうぞ、お気軽においでくださいね。


ひとを傷つけ、時に死に至らしめるような残酷さと、
苦しみの底に居る人の、生きる支えになるような暖かさ。

その両方を持っているのが人間だと思います。
そして、そんな人間といういきものが、私は本当に大好きです。


※これをご覧くださった誰かがお声をかけてくださらなくても、私のブログやWEBサイトが、生きることが楽しくなるような、充実した時間を過ごせるような、そんなきっかけになることを目指しています。


※このブログはリンクフリーなので、ご申告は不要です。
気にいってくださったら、ご自由にリンクをお願いします。
著作権の放棄はしませんので、文章を転用する際は、お声がけください。