ゲイの心理カウンセラー養成講座、4月開講です!(東京・大阪)

心理カウンセリング
03 /29 2014
「あなたのマイノリティはなんですか?」

って、みなさんが聞かれたら、どう答えますか?


こんにちは。
ゲイの心理カウンセラー村上裕です。
春一番も吹いて、春らしい日が増えてきましたね。

このブログは、色んな方にご覧頂いているようです。
ゲイ、レズビアン、バイセクシャル、トランスジェンダー、トランスセクシャル、Xジェンダー、インターセックス、アセクシャル、パンセクシャル、ノンセクシャル、ストレート、クエスチョニング、様々な性の在り方を持つ、多くの方々。

日常生活のなかで、マイノリティという言葉を聞いたことがある方もいれば、あまりきいたことがない方も居られると思います。
けれど、決して耳にしない訳ではなく、
どこかで耳にするとなんとなく気になる、
それがマイノリティという言葉ではないかな、と思います。

マイノリティ、それは少数派ということ。
社会のなかで人が集まれば、そこではごく自然に、多数派と少数派がうまれる。
性という軸では少数派になる人が、時に、別な軸で見た時には多数派になることがある。

そう、この社会を生きる誰もが、マイノリティになる瞬間がある。
誰もがみんな、この社会のなかで、マイノリティを持っている。

そして、マイノリティと切り離すことができないのは差別のこと。
人は、誰もが差別をする心の仕組みを持っている。
だから、差別が生まれることは自然なこと。
でも、自分の心の中にある差別や偏見に気づいていないと、
一番ちかくにいる誰かを、気付かずに傷つけることがある。
それは、マイノリティ当事者自身にとっても同じこと。
マイノリティでも、差別はする。
心を持っているから。

ゲイの心理カウンセラー養成講座は、ゲイという存在を切り口に、
「性」ってなんだろう、
マイノリティってなんだろう、
社会ってなんだろう、
差別はなぜ起こるんだろう、
そんなふうに、人間と社会を心理学から考え、学んでいく講座。

ゲイの心理カウンセラー養成講座、2014年度講座が、
4月からいよいよ開催です。
皆さんがこの時間の中で得ていく気づきや学びは、
社会のすみっこで、今もひとり孤独にふるえる誰かの心を、
いつか、きっと溶かしてゆく。

学校説明会・相談会、開催中です。
・3月30日(日)14:00〜16:30
・3月31日(月)14:00〜16:30
※4月の日程については、別途お問い合わせください。

メールフォームはこちらです。
お問い合わせフォームへ

メールアドレスに直接送信をご希望の方はこちら info@pmr-co.com まで。


この講座を修了された皆様とは、新宿2丁目を中心にプロジェクト活動を展開します。
このプロジェクト活動から、心理カウンセリングを仕事にしていくこともできます。
かけがえのない人生の学びの時間を共にご一緒し、
ゆくゆくはボランティアや仕事にしていきたいかた、
ぜひお問い合わせください。

お待ちしています。


※大阪でも、ゲイの心理カウンセラー養成講座を開講致します。大阪のご相談会の日時は、別途お問い合わせください。

■参考サイト:ゲイの心理カウンセラー・村上裕さんにインタビュー GladXX http://gladxx.jp/people/3110.html
関連記事

村上 裕

http://www.pmr-co.com
https://www.facebook.com/yutaka.murakami.980


【 ごあいさつ 】

はじめまして。
東京都の中野区を中心に活動している、ゲイの心理カウンセラーです。
性自認は男性。
セクシャリティはゲイ(男性同性愛者)です。

ゲイの心理カウンセラーではありますが、セクシャリティの枠にとらわれず、いろんな方からのご相談をお賜りしています。
ゲイの方から心理カウンセリングのご依頼を頂くことが多いのは事実ですが、
レズビアンの方、
トランスジェンダーの方、
クエスチョニングの方、
ゲイのご家族(妻、親御様、兄弟姉妹)の方、
ゲイに全く関わりのない方、
からのご相談も頂いています。

皆様、ありがとうございます。

もしも私自身の詳細にご興味を持ってくださったら、下記 カテゴリ の 【 はじめに 】と【理念】 をご覧ください。


今日もまた、ゲイの心理カウンセリングを求める方から、カウンセリングルームでご相談を聴かせて頂いています。
どうぞ、お気軽においでくださいね。


ひとを傷つけ、時に死に至らしめるような残酷さと、
苦しみの底に居る人の、生きる支えになるような暖かさ。

その両方を持っているのが人間だと思います。
そして、そんな人間といういきものが、私は本当に大好きです。


※これをご覧くださった誰かがお声をかけてくださらなくても、私のブログやWEBサイトが、生きることが楽しくなるような、充実した時間を過ごせるような、そんなきっかけになることを目指しています。


※このブログはリンクフリーなので、ご申告は不要です。
気にいってくださったら、ご自由にリンクをお願いします。
著作権の放棄はしませんので、文章を転用する際は、お声がけください。