すなおなことば

心理カウンセリング
07 /14 2011
生きていると、幸せな瞬間や、出会いや、言葉や、時間がありますよね。

例え毎日が苦しくても、そんな一瞬は、きっとある。


その幸せを、もしも誰かと共有したのなら、あなたが幸せを感じたということを、そのひとに伝えてあげてください。

素直な気持ちで、素直な言葉で。


その言葉は、いつかそのひとが諦めそうになった時、きっとそのひとを引き留める。

生きることを諦めたくなった時や、心がこわれそうになった時、ひとを生に引き留めるのは、むかし誰かにもらった、何気ないひとことだったりもするから。


だから、毎日の中でたくさんの幸せを見つけて、感じて、それを、誰かに伝えてください。

そのことばは、いつかきっと、その誰かを助けることができるから。

関連記事

ただ、息をしている

日記
07 /09 2011
3月11日に東日本大災害が起こって、約4ヶ月が経ちました。

皆さんは、この4ヶ月、どう過ごしていましたか。
毎日を楽しんで、笑って、怒って、落ち込んで、悲しんで、幸せで、恋をして、喧嘩して、当たり前だったことを、当たり前のようにして、生きていたでしょうか。

私は、災害が起こって少ししたあと、無理をすることをやめました。

それまでは、
福島県の家族を助けなきゃ、とか、
仙台に友人の誰がいるのか確認してどうにかしなきゃ、とか、
この先のためにお金を貯めなくちゃ、とか、
ゲイの心理カウンセラーとして人の役にたたなくちゃ、とか、
自分自身に役割やミッションを課していました。

災害直後は、それが自分自身を支えてくれていた部分も、確かにありました。

けれど、2ヶ月くらい経って、張り詰めなくても良くなってきた頃、それらは、ちょっとだけ重たくなりすぎてしまった。
だって「今、自分はどうしたいか?」を考えた時、「ゆっくり休みたい」だったんです、その時。
こころは、そろそろちょっと休もうよ、って言っていた。

なので、いったん、無理をすることを辞めました。

のんびりゆっくり毎日を確かに生きて、ようやく落ち着きを取り戻した現在。
余裕を取り戻した今の自分からは、「あの時、もっとできたんじゃないか?」って思えたりもします。
けれど、あの時の自分は、無理を辞めて正しかったのだと思います。
なぜなら、心が、そう望んだから。

実は、災害が起こった後、丸一ヶ月は全く心理カウンセリングのお仕事がなくなってしまったんです。
生活面でも危機的状況でしたが、ようやくお仕事をご依頼してくださる方が、また、徐々に戻ってきてくださいました。
ありがたい事です。

また、色んな災害支援団体が発足し始めているようですので、自分が役にたてそうな団体で何かをしたいなと思っているところです。

ご存知の災害支援団体があったら、ぜひぜひ、情報を教えてください!




私はいま、ここに居て。

息をしている。

心が動いている。

それは、当たり前で、とても大切なこと。
関連記事

村上 裕

http://www.pmr-co.com
https://www.facebook.com/yutaka.murakami.980


【 ごあいさつ 】

はじめまして。
東京都の中野区を中心に活動している、ゲイの心理カウンセラーです。
性自認は男性。
セクシャリティはゲイ(男性同性愛者)です。

ゲイの心理カウンセラーではありますが、セクシャリティの枠にとらわれず、いろんな方からのご相談をお賜りしています。
ゲイの方から心理カウンセリングのご依頼を頂くことが多いのは事実ですが、
レズビアンの方、
トランスジェンダーの方、
クエスチョニングの方、
ゲイのご家族(妻、親御様、兄弟姉妹)の方、
ゲイに全く関わりのない方、
からのご相談も頂いています。

皆様、ありがとうございます。

もしも私自身の詳細にご興味を持ってくださったら、下記 カテゴリ の 【 はじめに 】と【理念】 をご覧ください。


今日もまた、ゲイの心理カウンセリングを求める方から、カウンセリングルームでご相談を聴かせて頂いています。
どうぞ、お気軽においでくださいね。


ひとを傷つけ、時に死に至らしめるような残酷さと、
苦しみの底に居る人の、生きる支えになるような暖かさ。

その両方を持っているのが人間だと思います。
そして、そんな人間といういきものが、私は本当に大好きです。


※これをご覧くださった誰かがお声をかけてくださらなくても、私のブログやWEBサイトが、生きることが楽しくなるような、充実した時間を過ごせるような、そんなきっかけになることを目指しています。


※このブログはリンクフリーなので、ご申告は不要です。
気にいってくださったら、ご自由にリンクをお願いします。
著作権の放棄はしませんので、文章を転用する際は、お声がけください。